このページは携帯用に最適化されています。
パソコン版のページはこちら
思い出の動物(ネコ列車)
海外ホテル予約
■ネコ列車
線路の中や脇はオイルや水たまりでドロドロ状態だった。靴の汚れを気にしながら私たちも歩くのに苦労する。
しかし機関区所属のネコは器用だった。レールからレールへと着地もピタリと決めたり線路の上を我が道のように歩いている。それはまるで曲芸のようだった。
とにかくこのネコも汚れた場所はさけることを知っている。機関車の前を走って来たお洒落なアイドルネコにピンを合わせるのに苦労した。
フィリピン ネグロス島 ラ カルロタ製糖工場


世界の蒸気機関車
都築雅人の出会いとロマンの煙情日記
©2000-2008 TSUZUKI Masato